ウェビナーの集客方法とは?成果報酬で集客してくれるサービスも紹介

2022.05.27

2022.06.13

BtoBマーケティング

企業にとって、ウェビナーの開催は重要な業務の一つです。ウェビナーで多くの顧客を集めると、自社の製品やサービスをより多くの方に認識してもらえます。

しかしその一方で、ウェビナーの集客方法が分からずに悩んでいるビジネスパーソンは、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ウェビナーの集客方法について解説します。併せて、貴社で行うセミナーに、成果報酬で支援してくれるサービスも紹介します

ぜひ最後までご覧ください。

イベント一覧表のイメージ

2022年開催予定の展示会・イベント一覧表を配布中です。来場想定数や費用感も把握可能です。詳細は下記からどうぞ。

2022年度オンライン/オフライン展示会・イベント一覧を無料公開!BtoBマーケティングにそのまま使えるGoogleスプレッドシート

オンラインでウェビナーの集客をする7つの方法

企業がオンラインでウェビナーの集客をする方法は、以下の7つです。

  1. ポータルサイトで集客する
  2. メール・メールマガジンで集客する
  3. SNSで集客する
  4. Web広告で集客する
  5. プレスリリースで集客する
  6. 自社サイト・オウンドメディアで集客する
  7. セミナー集客支援サービスを利用して集客する

各方法について、順に詳しく解説します。

方法1.ポータルサイトで集客する

1つ目の方法は、ポータルサイトによる集客です。ポータルサイトを活用すると、これまでに自社との接点がなかった顧客も集客できます。

ポータルサイトを利用するユーザーは、ウェビナーへの参加に前向きであるため、向上心の高い顧客を多く獲得できるでしょう。

ポータルサイトで集客を行う際は、併せて、以下のセミナー集客支援サービスの利用をおすすめします

  • ビジネス+IT
  • 日経BizGate
  • ITメディア

各サービスの詳細については、「ウェビナーの集客をする際に使えるサービス」で解説しています。

方法2.メール・メールマガジンで集客する

2つ目の方法は、メール・メールマガジンによる集客です。メールは、すでに関わりのあるユーザーを集客したいときに効果的です

顧客一人ひとりのニーズにあわせた内容のメールを送付すると、返信率やウェビナー参加率の向上が期待できます。

方法3.SNSで集客する

3つ目の方法は、SNSによる集客です。TwitterやFacebook、InstagramをはじめとするSNSは、拡散性に優れています。

SNSによる集客の効果を最大限発揮するためにも、日頃から有益な情報を発信し続けることが大切です

方法4.Web広告で集客する

4つ目の方法は、Web広告による集客です。自社のホームページやブログをすでに持っているのであれば、コストをかけることなく宣伝できます

先ほど紹介した、SNSと一緒に利用することで、集客効果がより高まるでしょう。

方法5.プレスリリースで集客する

5つ目の方法は、プレスリリースによる集客です。ウェビナーの参加者に、著名人やインフルエンサーなどがいる場合に効果的です。

ただし、プレスリリースは、他の手法よりも多くのコストが発生する点に注意しましょう

方法6.自社サイト・オウンドメディアで集客する

6つ目の方法は、自社サイト・オウンドメディアによる集客です。効果が出るまでに時間を要しますが、コンテンツが蓄積されていくにつれて高い効果を発揮します。

また、自社サイト・オウンドメディアを利用する際は、SEO対策をしっかりと行うことが重要です

方法7.セミナー集客支援サービスを利用して集客する

7つ目の方法は、セミナー集客支援サービスによる集客です。セミナー集客支援サービスの利用にはコストがかかりますが、それを上回るリターンが期待できます

おすすめのセミナー集客支援サービスについては、「ウェビナーの集客をする際に使えるサービス」で解説しています。

オフラインでウェビナーの集客をする5つの方法

ウェビナーの集客は、オンラインによる方法が全てではありません。オフラインによる集客方法も多くあります。具体的な方法は、以下のとおりです。

  • チラシやポスターを作成する
  • ダイレクトメールを送る
  • 電話をかける
  • 訪問営業
  • 口コミ など

特に、電話や訪問営業であれば、実際に相手の声や表情を確認できます。声を交わすと、信頼感も高まり、ウェビナーへの参加率も高まるでしょう

ウェビナーの集客率を上げる5つのコツ

ウェビナーの集客率を上げるためには、コツがあります。具体的には、以下の5つです。

  1. 告知のタイミングを意識する
  2. メリットを明確にする
  3. 参加の特典を用意する
  4. 申込方法をシンプルにする
  5. リマインドメールを必ず送る

各ポイントについて、順に説明していくので、ぜひ試してみてください。

コツ1.告知のタイミングを意識する

1つ目のコツは、告知のタイミングです。告知を行う際は、ウェビナーが開催される1ヶ月前がおすすめです

1ヶ月以上前に告知をすると、決断を先送りにされてしまい、集客率が減少してしまう恐れがあります。

逆に、告知とウェビナー開催の間隔が短すぎると、スケジュールの確保が難しくなってしまいます。

そのため告知は、ウェビナーが開催される1ヶ月前に行うと良いでしょう。

コツ2.メリットを明確にする

2つ目のコツは、ウェビナーに参加するメリットを明確にすることです。

例えば、営業に関するウェビナーであれば、「本セミナーを受講すると、高額商品を次々と成約できるようになるでしょう」といった具合です。

上記の例のように、メリットを具体的に伝えることを意識しましょう。

コツ3.参加の特典を用意する

3つ目のコツは、ウェビナーに参加する特典を用意することです。参加特典を用意すると、集客率のさらなる向上が期待できます。

参加特典の具体例は、以下のとおりです。

  • 商品やサービスの割引券
  • セミナー参加者限定の無料コンサルティング
  • 次回セミナーの割引券 など

ウェビナー限定の特典を用意すると、より集客効果が高まるでしょう

コツ4.申込方法をシンプルにする

4つ目のコツは、ウェビナーへの申込方法をシンプルにすることです。ウェビナーに参加するまでの手順や記載内容が多すぎると、ユーザーに途中で離脱される恐れがあります

申込フォームの項目を必要最小限に留めるなどして、ユーザーが容易に申込みできるようにしましょう。

コツ5.リマインドメールを必ず送る

5つ目のコツは、リマインドメールの送付です。ウェビナーは気軽に参加しやすい分、応募したことや開催日時を忘れやすい傾向にあります。

そのため、ウェビナーの前日や当日にリマインドメールを送ることが大切です。メールを送る際は、参加時刻やウェビナーに参加するためのURLなどの記載も忘れずに行いましょう。

ウェビナーの集客をする際に使えるサービス

いよいよここからは、ウェビナー集客時に活用できるおすすめのサービスを紹介します。今回紹介するのは、以下3つのサービスです。

  1. ビジネス+IT
  2. 日経BizGate
  3. ITメディア

サービス内容は、ほぼ同じですが、各メディアの保有リード(数十万件〜百万件単位)に対してメール配信などで集客できます。

また、今回紹介する3つのサービスは、成果報酬で集客を支援してくれるため、リスクを抑えて活用できます

万が一、登録数が保証数に達しなかった場合でも、実績に応じた精算などの対応例もあるため、安心です。

各サービスの詳細について順に紹介していくので、ぜひご利用ください。

1.ビジネス+IT

ビジネス+ITは、SBクリエイティブ株式会社が手掛ける事業の一つです。ビジネス関連の情報発信に加え、イベント・セミナーに関する事業も行っています。

ビジネス+ITは、セミナー集客サービスとして「BIT Seminar」を提供しています。BIT Seminarは、これまで3000名以上の大規模セミナーから、20名規模の中小セミナーまで、全国で1000本以上のセミナーで集客した実績があります

以降の章では、BIT Seminarの特徴や料金など、より詳細な情報について紹介します。

特徴や仕組み

BIT Seminarの最大の特徴は、高いリピート率です。年間1,000本以上の実績がありながら、そのリピート率は驚異の90%以上を誇ります

さらに、BIT Seminarは、セミナーの事前登録数が保証される点も特徴です。万が一、保証数をクリアできなかった場合は、オンラインリードでの補てん、別日程セミナーでの補てんなどを選択できます。

BIT Seminarは、サポート体制も多岐にわたります。セミナーの企画段階から、集客・当日運営・事後展開までを全面的にサポートしてくれます。

料金やプラン

BIT Seminarの料金は、以下のとおりです。

メニュー開催地単価備考
Webセミナー集客全国14,000円(前後)
@1名事前登録
・料金は開催内容、集客人数に応じた個別見積
・最低実施料金は、1セミナー30万円〜

さらに、BIT Seminarは必要に応じて、以下のオプションメニューを追加できます。

メニュー 開催地 参考料金(税別) 備考
BITセミナーオプション アンケート追加 10%金額@1設問(前後) 地方での取材や、ストリーミング配信は別途費用が発生
セミナーレポート作成 40万円〜@1セミナー1セッション
講演資料DL 10万円〜@1資料

実施までの流れ

BIT Seminarの実施までの大まかな流れは、以下の3ステップです。

①指定の期限までに申し込む

②申し込みから1週間後に、集客を開始

③ウェビナー開催

なお、申し込みの期間は、集客人数によって異なります。期限を過ぎてしまうと、見積もり料金が変わってしまうため、注意が必要です

  • 集客人数30名以下:ウェビナー開催の3週間前までに申込み
  • 集客人数31名〜60名:ウェビナー開催の4週間前までに申込み
  • 集客人数61名〜100名:ウェビナー開催の5週間前までに申込み

弊社では「ビジネス+IT」関連の情報を提供しています。資料が欲しい方や話を聞いてみたい方は、以下URLよりミーティング予約をしてください。

ミーティングの予約はこちら

2.日経BizGate

日経BizGateは、ビジネスパーソンが直面する課題の解決に役立つための情報を提供しています。具体的な記事コンテンツのテーマは、次の4つです。

  • 「みがく経営」
  • 「生かす人材」
  • 「売れる営業」
  • 「超える技術」

日経BizGateは、情報発信のみならず、セミナーの開催や、イベント・セミナーの集客支援も行っています。

以降の章では、日経BizGateが提供する集客支援サービス「日経BizGate イベントガイド」について、詳しく紹介します。

特徴や仕組み

日経BizGate イベントガイドは、ビジネスイベントに特化した集客ツールです。具体的な仕組みは、以下のとおりです。

  1. 日経電子版ユーザーに対して、自社のイベント・セミナーを告知する
  2. 参加者のリード情報を成果報酬型で得る

日経BizGate イベントガイドを利用すると、日経電子版上で自社のイベント情報を掲載できます。日経電子版は、月間2億8560PV、電子版会員490万人以上(2020年7月のアクセス数・会員数より)を誇るだけに、高い宣伝効果が期待できるでしょう

料金やプラン

日経BizGate イベントガイドの料金体系は、以下のとおりです。

料金種別 申込適用条件 オンライン
標準料金 一律
15,000円
特急料金 開催20日以内
※14日以内は申込不可
早期割引 開催40日以上前

オンラインセミナーの料金は通常17,000円ですが、現在は15,000円にて提供されています。

オプション料金は、以下のとおりです。

項目名単位料金備考
タイムテーブル作成1回作成あたり150,000円
250,000円
→10セッションまで一律
→11以上25セッションまで一律(25以上は不可)
追加アンケート1問追加あたり5,000円3問目まで無料、4問目以降に一律適用
ページ修正公開後3回まで一律50,000円・ページ修正は公開前1回のみ
・公開後の修正は左記のページ修正費を要す

実施までの流れ

日経BizGate イベントガイドの掲載までの大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. 掲載可否の確認および申込書類の準備
  2. テストページ確認
  3. 掲載開始
  4. 掲載終了および件数確定

なお、掲載終了については、以下いずれかの条件を満たした時点で、システムが自動的に受付を終了する仕組みです。

  • 掲載終了の指定日をむかえたとき
  • 設定した定員数に達したとき

弊社では、「日経BizGate」関連の情報を提供しています。資料が欲しい方や話を聞いてみたい方は、以下URLよりミーティング予約をしてください。

ミーティングの予約はこちら

3.ITメディア

ITメディア(ITmedia)は、アイティメディア株式会社が運営するIT系のニュースサイトです。

アイティメディア株式会社は、「ITmedia」以外にも、「ITmedia NEWS」や「ITmedia マーケティング」「スマートジャパン」「ねとらぼ」など、20種類以上のサイトを運営しています。

以降の章では、ITメディアが提供しているセミナー集客支援サービスについて、その特徴や仕組み、料金などについて詳しく解説します。

特徴や仕組み

ITメディアが提供する集客支援サービスは、以下3つのプランから構成されます。

プラン名特徴
成果課金型集客サービス社内に設置する集客ページからの申込数に応じて課金
クリック保証広告セミナー申込みページへの誘導数を保証
ターゲティングメール開催直前まで配信できる1通独占メール広告

料金やプラン

各プランの具体的な料金については、以下のとおりです。

プラン名最低実施料金その他の料金
成果課金型集客サービス500,000円〜集客サイト制作費:50,000円
集客単価:@13,000円〜
クリック保証広告500,000円〜クリック単価:@400円〜
ターゲティングメール200,000円〜商品によって異なる

実施までの流れ

「成果課金型集客サービス」と「クリック保証広告」の実施までの流れは、以下のとおりです。

成果課金型集客サービス:

  1. ヒアリングおよび提案
  2. キャンペーン準備
  3. 集客
  4. 申込者情報のダウンロード

クリック保証広告:

  1. 提案およびヒアリング
  2. ターゲティング条件確定および入稿
  3. 掲載開始・終了
  4. レポートの提出

弊社では「ITメディア」関連の情報を提供しています。資料が欲しい方や話を聞いてみたい方は、以下URLよりミーティング予約をしてください。

ミーティングの予約はこちら

ウェビナーの集客方法を理解して集客率を高めよう

今回はウェビナーの集客方法をテーマに、具体的な手段をいくつか紹介しました。それぞれの集客方法を理解して、適切に使い分けると、ウェビナーの集客率は大きく高まるでしょう。

また、ウェビナーへの集客をより確実なものにするには、今回紹介した3つの集客支援サービスの利用がおすすめです。コストはかかりますが、投資額を上回る成果が期待できます

イベント一覧表のイメージ

2022年開催予定の展示会・イベント一覧表を配布中です。来場想定数や費用感も把握可能です。詳細は下記からどうぞ。

2022年度オンライン/オフライン展示会・イベント一覧を無料公開!BtoBマーケティングにそのまま使えるGoogleスプレッドシート


松永創 FLUED CEO / 代表取締役 BtoBマーケティングスペシャリスト

松永創 FLUED CEO / 代表取締役 BtoBマーケティングスペシャリスト

国内システムメーカーの営業としてキャリアをスタート。その後 テレマーケティング企業で事業/拠点の立ち上げ・営業企画に従事。自身もインサイドセールス部門での業務経験を積む。

その後B2Bマーケティングエージェンシーでベンチャー企業から大手IT企業、製造業など様々なマーケティングに携わる。BtoBマーケティング/営業DX/インサイドセールスで携わった企業/プロジェクトの数は500以上に及び、スピード感あふれるコンサルティングには定評がある。

B2Bマーケティング/営業DXなどのテーマを中心になど講演多數。