HubSpotとSMSの連携でマーケティングの効果を最大化!リトルヘルプコネクトとの連携についても解説

2022.02.09

2022.07.22

営業DXツール

「SMSでマーケティングを行うと、どのようなメリットがあるのかな」

「具体的には、どのように活用すればいいのだろう」

SMS(ショートメッセージ)でマーケティングをするにあたって、このように感じていませんか?

HubSpotとSMSの連携を希望しているものの、どのように導入すればいいかがよく分からないと感じる人もいるでしょう。

リトルヘルプコネクトを活用することで、SMS送信による効果的なマーケティングにつながる例も多いようです。

そこで今回は、HubSpotとSMSの連携のメリットやリトルヘルプコネクトとの連携まで解説します。

こちらの記事を読んで、HubSpotとSMSの連携を活用することで、成約率の向上につながるでしょう。

それでは早速、解説します。

HubSpotの使い方、活用方法が聞ける、無料のオンライン相談会を開催中です。

短期間でHubSpotの導入を進めたい方、無料版のHubSpotをフル活用されたい方にオススメです。

詳細は「HubSpot無料版を活用したい方へ!無料のオンライン相談会を実施中!」をご確認ください。

HubSpotとSMSを連携させたマーケティング施策が効果的な理由

SMSを活用すると、効果的なマーケティングができるようになります。

なぜなら、HubSpotとSMSを連携させると、HubSpotのリストやワークフローからSMSのメッセージが送信できるためです。

例えば、開封率の低いEメールを利用すると、受信件数が多いためメール内容を見てもらえない事もあるでしょう。

HubSpotと、開封率の高いSMSを連携させることで、こうした状態を回避することができます。

スマホユーザーはほぼ利用している

SMSとは、ショートメッセージサービスのことで、基本的には世界中の携帯端末同士でやり取りができます。

SMSはほぼすべての端末に標準搭載されているため、アプリのインストールなどは不要です。

携帯端末同士のメッセージのやり取りが、ユーザーに届きやすいと言えるでしょう。

SMSの開封率の高さ

SMSの開封率は非常に高く、80%のケースもあります。

比べて、Eメールの開封率は20%程度であるため、効果は段違いと言えるでしょう。

なぜなら、SMSは受信件数が少なく待ち受け画面に表示されることも多く、ユーザーが気づいて開封しやすくなるためです。

またメッセージも文章が短いため、空き時間に気軽に確認し返信ができます。

メールの開封率との比較

無料のEメールは便利ですが、送受信されるメールの数が多く、大事な要件が他のメールに埋もれてしまうといった事がよく起こります。

そうなると、せっかくのプロモーション用メールであっても、未読のまま後回しにされてしまうことにもなりかねません。

SMSの高い開封率を生かせば、ユーザーに効果的なメールを送信し、競合他社より優位な営業が可能です。

また一般的に、マーケティングのトレンドはまずBtoC領域で取り入れられ、数年後にBtoBでも流行り始める傾向があります。

BtoCでは当たり前になったSMSの活用がこれからBtoBでも一般的になってくるでしょう。

HubSpotは、多くの機能が無料で活用できます。HubSpotについて詳細が気になる方は、以下の記事でまとめていますので確認してみてください。

無料で使えるHubSpotとはどんなツール?主な機能や使い方を解説

具体的なHubSpotとSMSの活用シーン

HubSpotのワークフローでは遅延や特定条件による分岐が設定できるため、リトルヘルプコネクトのSMS配信機能と連携してステップ配信が可能です。

ここでは、HubSpotとリトルヘルプコネクトを連携させて、SMSメッセージを送信する手順を解説します。

リトルヘルプコネクトのアプリをインストールすると、「SMSメッセージを送信」のアクションがワークフローに追加されます。

ここからコンタクトに対してSMSメッセージの送信が可能です。

具体的には、HubSpotのワークフロー画面へ移り、アクションの設定に進みます。

アクションの設定では、まず送信元のSMS電話番号を選択します。

次に、送信したい文章を作成します。

このとき、コンタクトトークンを利用して文章にコンタクト情報を埋め込むことも可能です。

そして、コンタクト側が受信したSMSを開封します。メッセージ画面のイメージです。

また送信したSMSのメッセージは、コンタクトのタイムラインに記録されます。

なお、現在、100人を超えるコンタクトへのSMSの一斉配信はサポート対象外になります。

では具体的にHubSpotとSMSの活用例を確認してみましょう。

リードが料金表のページを見たら料金に関するSMSを送る

HubSpotのワークフローでは遅延やif/then分岐など、条件を組み合わせて複雑な分岐設定もできます。

ワークフローでは、リードが重要なアクションを起こしたときに、自動でチームメンバーに通知するようにタスクの追加が可能です。

例えば、リードが料金表のWebページを閲覧したら、HubSpotから通知されるように設定しておきます。

通知が来たら、リトルヘルプコネクトで料金に関するメッセージを作成しSMSで送信しましょう。

顧客が無料トライアルのページを見たらフォローのSMSを送る

HubSpotのワークフローでは、顧客へのフォローアップが必要なときに、セールスチームにアラートを送信するようにタスクを追加することが可能です。

例えば、顧客が無料トライアルのページを閲覧したら、アラートが送信されるように設定しておきます。

アラートが届いたら、リトルヘルプコネクトからフォローメッセージを作成しSMSで送信という流れです。

なお携帯番号の分からない新規顧客の場合もあるため、あらかじめ自社ホームページの問い合わせフォームに携帯番号の入力欄を用意しておくと良いでしょう。

インサイドセールスで電話に出なかったら要件をSMSで送る

インサイドセールスで見込み客に電話をかけていると、相手が出なかったという事も多いでしょう。

不在で相手が電話に出られない場合も、リトルヘルプコネクトから要件をメッセージにしてSMS送信します。

HubSpotに電話をかけた時に相手が出なかったログを記録しておけば、後日、電話に出なかった相手を抽出したリストが作成可能です。

リストの対象者だけに、要件メッセージをSMS送信するといった活用方法もあります。

HubSpotでは、コールに対して追加メモの入力やコール成果の割り当て、関連したレコードの編集、通話品質の評価、フォローアップタスクの作成などができます。

HubSpotに電話をかけた時のログを記録する手順は以下の通りです

まず[成果を選択]ドロップダウンメニュー>成果を選択します。

テキストボックスに、追加のメモを入力し、通話品質の評価を選択します。 

このとき、タスクリマインダーを作成する場合は[フォローアップタスクを作成します]をクリックしましょう。

このコールのログをどのレコードに記録したいかを編集する場合は、[関連付けられているレコード]のドロップダウンメニューをクリックします。

最後に[コールを保存]をクリックしましょう。 

コールのログがコンタクトのタイムラインに記録されます。

また、通話の録音についても記録されます。

HubspotとSMSを連携させるにはリトルヘルプコネクトがおすすめ

リトルヘルプコネクトは、HubSpotのCRM、マーケティング、セールス、カスタマーサービス機能とシームレスに連携し、LINE公式アカウント・SMSを使った顧客とのコミュニケーションツールとして特化しています。

リトルヘルプコネクトの6つの機能を確認してみましょう。

SMSユーザーの管理

SMSの送信相手だけでなく、LINE公式アカウントの友だちもHubSpotのCRMで管理できます。

ユーザーIDなどの情報やページ閲覧履歴を活用して、LINEやSMSによるお客様に寄り添ったコミュニケーションを実現可能です。

ページ閲覧履歴はリストのフィルターやワークフローのトリガーに活用できます。

LINE・SMSでのセグメント配信

HubSpotのリストを使用してLINE・SMSメッセージを一斉配信できます。

配信は即時でも、スケジュール配信でも可能です。

また、配信したメッセージは到達数や開封数とクリック数を集計します。

これらの情報はコンタクトのプロパティやタイムラインに記録されるため、このデータを元にリストやレポート作成が可能です。

LINE・SMSでのステップ配信

上記でも触れましたが、HubSpotのワークフローからLINE・SMSメッセージを送信できます。

状況に応じてタスクやアラームを活用し、タイムリーなタイミングでリードの要望に添った提案が実現可能です。

チャット対応

HubSpotまたは専用の管理画面からユーザーとSMSでの1:1チャットが可能です。

営業やカスタマーサポートで活用できます。

チャットボットの設置

相手からのLINEメッセージに自動応答するチャットボットを作成できます。

またJSONデータを組み込むことで、予約受付や注文確認など、様々な形式のメッセージ配信をLINEで提供可能です。

モバイルチャットアプリ

専用のモバイルアプリの用意があります。

オフィスの外でも素早くチャット対応が可能です。

まとめ:HubSpotとリトルヘルプコネクトの連携はプロに相談しよう

開封率の低いEメールと比べて、SMSを活用すると効果的なマーケティングが可能です。

HubSpotとリトルヘルプコネクトを連携すると、SMSメッセージが送信できます。ご紹介した3つのシーンのように、HubSpotとSMSを連携させることでビジネスの戦略は幅広くなるでしょう。

SMSマーケティングに興味をお持ちの方は、HubSpotとリトルヘルプコネクトの連携について、まずはプロに相談してみましょう。

HubSpotの使い方、活用方法が聞ける、無料のオンライン相談会を開催中です。

短期間でHubSpotの導入を進めたい方、無料版のHubSpotをフル活用されたい方にオススメです。

詳細は「HubSpot無料版を活用したい方へ!無料のオンライン相談会を実施中!」をご確認ください。


松永創 FLUED CEO / 代表取締役 Hubspotシニアスペシャリスト

松永創 FLUED CEO / 代表取締役 Hubspotシニアスペシャリスト

B2Bマーケティングエージェンシーでベンチャー企業から大手IT企業、製造業など様々なマーケティングに携わる。 HubSpotゴールドパートナーとしても認定され、サポート実績多数。WEBを中心としたオンライン施策から、インサイドセールスや展示会といったオフライン施策まで幅広く支援している。携わった企業/プロジェクトの数は500以上に及び、スピード感あふれるコンサルティングには定評がある。 B2Bマーケティング/営業DXなどのテーマを中心になど講演多數。