【イベントレポート】「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」presents タレント活用の本音とは!?(前編)「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」サービス紹介

2021.11.24

2021.11.25

COLUMNS

2021年11月11日株式会社FLUEDでは、株式会社中小企業のチカラ様、株式会社ネットショップ支援室様と共同で、タレントを活用したマーケティングに関するオンラインセミナーを開催しました。
大変ご好評頂きましたので、セミナーの様子を文字に起こしてお届け致します。
是非、最後までご覧下さい。

はじめに

中島:みなさん、こんにちは!私、本日このセミナーのファシリテーターを担当させて頂きます、株式会社中小企業のチカラの中島と申します。

入社以降、弊社の新規事業にジョインしておりまして、現在はセールスマネージャーというポジションで、新規事業の立ち上げを担当させて頂いております。

中島:本日のセミナーは、「当プロジェクトのサービスのご紹介」と「トークセッション・質疑応答」の2部構成で進行させて頂きます。
「タレント活用の本音とは!?」というテーマに沿って、「マーケティングやPRにどのような効果があるのか」や、「プロジェクト参画企業様のぶっちゃけトークでプロジェクトの真相にせまること」が当セミナーの狙いです。

中島:では、まず講師の方の自己紹介からお願いします。
初めに、株式会社FLUEDの松永様からお願いできますでしょうか。

講師紹介

松永:はい、ありがとうございます。
みなさん、こんにちは!株式会社FLUEDの松永と申します。
弊社は、「BtoB・法人営業に特化したマーケティング、セールスの専門家集団」として事業を運営する企業です。

松永:弊社では、主に「インサイドセールスを強化したいけれどうまくいっていない」という課題をお持ちのお客様のサポートをさせて頂くことが多く、BtoBの営業・マーケティングに特化したサービスを提供しております。

松永:弊社の特徴は、お客様に提供するサービスの種類が非常に多い点です。
「インサイドセールスや法人営業のご支援」はもちろん、「データベースの分析」「WEBサイトの構築」「マーケティングオートメーションの運用サポート」など多岐にわたります。
本日は、宜しくお願い致します。

中島:ありがとうございます!
では、次に株式会社ネットショップ支援室の山本様お願いします。

山本:ありがとうございます。
みなさん、こんにちは!株式会社ネットショップ支援室の山本です。
弊社では、ネットショップを運営する企業様を対象に、業務効率化のシステムを提供しております。
私は、前職でネットショップの運営代行やコンサルティング業務を経て、2015年12月にネットショップ支援室の東京支社を立ち上げました。
現在は、500社ほどのネットショップ様にサービスを提供させて頂いております。

山本: 現在、当社が一番注力しているサービスは、企業間受発注 専用カートシステム「楽楽B2B」です。「楽楽B2B」では、BtoB向けのネットショップを運営される企業様の業務効率化を目指しております。
BtoBのネットショップ運営をFAXやアナログで運営されている企業様は、実は非常に多く存在します。「楽楽B2B」は、アナログな業務をWEBで対応できるようにして、企業様の負担を大幅に軽減することを目的としたツールです。

サービス紹介

中島:ありがとうございました!
では、次に私から当プロジェクトについてのご紹介をさせて頂きます。
改めまして、株式会社中小企業のチカラの中島と申します。

ここからは、私が当社が運営するプロジェクトのサービスを紹介させて頂きます。
当社では、現在「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」という、有名タレントを活用し企業様のマーケティングやPRをご支援するサービスを提供しております。

中島:有名なタレントさんを活用した場合、マーケティング戦略として大きなインパクトがあることは、多くの企業様が認識されていると思います。他方、タレント活用は、契約金だけで数千万円のライセンス料が発生します。中小企業様は、「タレントを使いたくても使えない」とジレンマを抱えてしまうケースが多いのではないでしょうか。

今回、このプロジェクトは、タレント活用に関して中小企業様が抱えるジレンマの解消を目的に立ち上げました。
「タレントさんのライセンス料を中小企業様向けに設定し、販売促進や認知度向上に繋げることができれば、日本全体が活性化していくのではないか」という思いの下、発足しております。

第一期は、まず田村淳さんにアンバサダーを担当して頂きました。

従来、相当な金額がタレント契約料としてかかるところを、「コロナ禍で影響を受けている中小企業をなんとか応援したい。特にブランド力やPR力など、これまで中小企業に不足していた部分のフォローをできる施策を実現させたい」という想いで各所調整を重ねまして、なんとか1つ形作れたのが、このプロジェクトです。

結果として、第一期は50社限定でサービスをご利用頂き、多くの企業さまから「タレント活用はやっぱりすごいね!」とお喜びの声を頂いております。

現在、当プロジェクトは第二期を迎えました。第二期では、前田敦子さんやウエンツ瑛士さんをアンバサダーにお迎えし、今年の7月13日からサービスを提供させて頂いております。

中島:このプロジェクトの特徴の1つは、ご参加頂いた企業様に、アンバサダーの中から1名を選んで頂き、肖像を1年間ご利用頂ける点です。
また、肖像を使えるだけでなく、タレントさんと共に合同イベントに参加することも可能です。そのため、企業様の認知度を飛躍的に向上させる効果が期待できます。
さらに、有名タレントさんから表彰されるアワードにも参加可能であり、全て含め「日本を盛り上げていきましょう!」というプロジェクト設計です。


このように、タレントさんを全面的にご活用頂くことで、中小企業様の発信力・PR力の強化だけでなく、社員さまのモチベーション向上の機会創出など、全方位的なサポートさせて頂いております。

中島:当サービスの費用面のお話しですが、金額としては、通常のタレント契約とは異なり、中小企業でも手の届く金額感でご利用いただくことが可能です。
タレントさんの肖像画については、1アンバサダーごとに30種類のカット素材を弊社でご用意させて頂いております。このカット集をそのまま企業様に納品させて頂き、1年間広告塔や企業ブランディング目的などでご利用できるサービス内容です。

肖像画の使い方ですが、
・等身大パネルを店舗の外に置いて新規来店者数を向上を狙う。
・チラシ・クリアファイル・SNSの広告に活用しマーケティングの強化を図る。

など、幅広くご利用可能です。 

現在では、地方自治体の方や社会福祉関係の方に多くご利用頂いております。
参画している企業様が「社会貢献性の高い企業」だと認知して頂けるようなプロジェクトにしていきたいですね。

 →後編に続く


アバター

澤田 浩充 FLUED SaaSビジネス/BtoBマーケティングアナリスト

2020年、BtoBマーケティングの分析に特化した記事編集を行うため、株式会社FLUEDメディア事業部へジョイン。

メディア運営会社でのメディア運営経験を活かし、多数の新興企業の業績や経営指標を分析。バックオフィスのDXを目的としたSaaSツールやCRMツールベンダーのセールス・マーケティングに関する財務分析が専門分野。