HubSpotとZendeskの連携方法とは?メリットや手順を紹介!

2022.06.23

2022.06.23

営業DXツール

HubSpotとZendeskを連携すると、マーケティング業務の効率化が可能。各システムを操作せずとも、顧客データが同期されるため、マーケティング担当者間で常に最新の情報を共有できます。

HubSpotはマーケティングや営業、カスタマーサービスなどさまざまな場面で活躍するCRMプラットフォーム。一方でZenDeskは、カスタマーサービスの支援に特化したCRMプラットフォームです。両者はともに、顧客情報や顧客とのやり取りを記録するため、同期したいと考える担当者も多いのではないでしょうか。

両者の同期により、複数のプラットフォームを更新する手間も省けるため、業務の効率化を図れます。今回はHubSpotとZendeskの連携について詳しく解説します。両者の連携により、共有できる情報や連携方法についてお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

HubSpotの使い方、活用方法が聞ける、無料のオンライン相談会を開催中です。

短期間でHubSpotの導入を進めたい方、無料版のHubSpotをフル活用されたい方にオススメです。

詳細は「HubSpot無料版を活用したい方へ!無料のオンライン相談会を実施中!」をご確認ください。

1. HubSpot/Zendeskとは

まずHubdeskとZendeskの各プラットフォームの概要に関してご紹介します。

HubSpotは、インバウンドマーケティング向けのソフトウェアです。セールスやマーケティング、カスタマーサクセスなどの複数の領域にあるデータを顧客ごとに統合して一元管理したり、ビジネスプロセスを可視化したりできます。

データが一元管理されるためチームでの共有が容易になったり、顧客ごとに最適なコンテンツの提供が可能になったりするため、営業やマーケティングの効率アップに繋がります。

一方、Zendeskはカスタマーサポートを支援するクラウドサービスです。顧客からメールや電話、チャットなどによる様々な問い合わせを、チケット単位で管理します。また新規やオープン、保留中など、ステータスごとのチケット管理が自動化されているため、カスタマーサポート業務を効率化できます。

2.HubSpotとZenDeskの連携はできるのか?

HubSpotとZenDeskは、連携可能です。ZendeskはHubSpotの公式アプリマーケットである「HubSpot App Marketplace」でも提供されており、HubSpotの認定アプリです。

次のサイトにアクセスすると、簡単に連携が可能です。

ZendeskサポートHubSpot統合

それでは連携すると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

3.HubspotとZendesk連携のメリット

HubSpotとZendeskを連携すると、リアルタイムに双方向で同期できたり、フィールドマッピングを連携できたりします。ここでは、各メリットについて詳しく解説します。

1.リアルタイム双方向同期

HubspotとZendeskを連携する大きなメリットの一つが、リアルタイムで双方向のデータが同期されることです。両者のデータが双方向に同期されると、手動入力の必要がなくなり、手間や時間の削減につながります。

例えば、同期できる内容には、顧客情報やチケットなどがあります。

顧客情報

HubSpotやZendeskのどちらかに顧客情報を登録すると、双方向で同期されます。その為、新たな顧客の登録をするときにもどちらかのシステムに登録するだけでよくなり、大きな手間が省けます。またデータも随時双方向更新されるため、常にどちらのシステムにおいても最新のステータスが共有されるのです。

チケット

Zendeskではメールや電話による問い合わせなどをチケット化して、ステータスや会話内容を管理します。チケットを連携すると、Hubspotの顧客情報にZendeskで登録された情報が同期されます。チケットの連携で同期できる情報は、次のとおりです。

  • チケットの全会話
  • Zendeskチケットへのリンク
  • CSAT(CSATを評価された解決済みチケットのみ)
  • チケットに応答したグループと担当者
  • チケットに割り当てられたタグ

たとえば現在、商談中の顧客と過去にどのような会話をしたのか、どのようなステータスまで進んだのかなどが簡単に把握できるようになります。またクラウドベースで管理できるため、複数の部署間でも情報が簡単に共有され、業務の効率化につながります。

2.フィールドマッピングの連携

HubSpotとZendeskでは、フィールドマッピングの項目を自由に連携することができます。顧客情報の基本である名前やEメールアドレスだけでなく、役職、電話番号、売上、誕生日など営業活動で利用したい項目や共有したい項目をカスタムで設定できます。

4. HubspotとZendeskの連携方法

つづいて、具体的にHubSpotとZendeskを連携する方法をご紹介します。まず連携を行うためには、Zendeskで次のプランのいずれかに加入する必要があります。

TeamプランProfessionalプラン
月次契約の場合25ドル/月59ドル/月
年次契約の場合19ドル/月49ドル/月

連携する前に、自社の加入プランを確認しましょう。

続いて、連携するための具体的なステップをご紹介します。

1.Zendeskの公式サイトのZendeskとHubSpot連携ページhttps://hubspot.zendesk-integrations.com/zendesk にアクセスします。

2.自社Zendeskのサブドメインを入力し、Authroizeボタンをクリックします。

3.その後、Zendeskアプリへの認証、HubSpotアプリへのアクセスを許可します。

4.続いて、Zendeskのデータ使用を許可します。

5.HubSpotアカウントで、「コンタクト」をクリックします。

6.任意のコンタクトをクリックし、「すべてのフィルター」ドロップダウンボタンをクリックし、「Zendesk」のチェックボックスにチェックを入れます。

7.ホーム画面に連携内容が反映されたら設定完了です。

設定完了後に、HubSpotインテグレーションに、ターゲットと次の3つのトリガーが自動作成されます。

  • 作成済みチケット
  • 解決済みチケット
  • CSATレートチケット

Zendesk内でチケットの作成や解決、評価などを行うと、チケットの情報が自動でHubSpotに送信され、ターゲット内に連携されます。それ以外の項目を連携したい場合などはカスタムで設定するようにしましょう。

また、もし連携を停止する場合にはトリガーを停止することで連携を停止できます。

HubspotとZendeskを連携させて効率を上げよう

今回の記事ではHubspotとZendeskの連携に関してご紹介しました。HubspotとZendeskを連携すると、顧客情報をリアルタイムで同期できます。そのため、各部署間での情報共有が容易になったり、複数のシステムへの入力が必要なくなったりするため、営業業務の効率化を図れます。

もしHubspotとZendeskの連携のやり方がわからなかったり、連携後に正常にデータが共有できなかったりして、お困りの場合は弊社「FLUED」にご相談ください。

現在、弊社ではHubSpotオンライン説明会を無料で実施中です。説明会ではHubSpotの使い方だけではなく、詳しい活用方法や導入方法についても紹介しています。HubSpotの機能を最大限に使い、営業活動の効率化を進めたい方はぜひ説明会にご参加ください。

HubSpotの使い方、活用方法が聞ける、無料のオンライン相談会を開催中です。

短期間でHubSpotの導入を進めたい方、無料版のHubSpotをフル活用されたい方にオススメです。

詳細は「HubSpot無料版を活用したい方へ!無料のオンライン相談会を実施中!」をご確認ください。


松永創 FLUED CEO / 代表取締役 Hubspotシニアスペシャリスト

松永創 FLUED CEO / 代表取締役 Hubspotシニアスペシャリスト

B2Bマーケティングエージェンシーでベンチャー企業から大手IT企業、製造業など様々なマーケティングに携わる。 HubSpotゴールドパートナーとしても認定され、サポート実績多数。WEBを中心としたオンライン施策から、インサイドセールスや展示会といったオフライン施策まで幅広く支援している。携わった企業/プロジェクトの数は500以上に及び、スピード感あふれるコンサルティングには定評がある。 B2Bマーケティング/営業DXなどのテーマを中心になど講演多數。